税込11,000円以上のご注文で送料無料

惹かれる理由

Posted by PALETTEartalive on

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まだ10代だった頃。
 
 
とにかく洋服(デザイナーズブランド)が大好きで、
バイトしまくっては沢山買っていました。
  
それから5年以上経ち、ファッションの流れも瞬く間に変わり、
そのとき好きだった洋服と今の好きな洋服は
全然違うなとつくづく思います。
 
でもその当時から変わらず惹かれてしまう洋服があります。
 
それは、「〜らしくない」服。
※〜はブランド名
 
「他の人と被りたくない。」という、
服好きの皆さんなら1度は必ず思う感情から
派生してそう思うようになりました。
 
本日はその「〜らしくない」の魅力をお伝えします。
 
COTDの21SSのOVERSIZED NO COLLAR JACKET
  
Children of the discordance
 
2021 Spring/Summer Collection
 
OVERSIZED NO COLLAR JACKET
 
「チルドレンらしくないな。」
 
このジャケットを展示会で初めて見た時の第一印象。
 
ここで勘違いして欲しくないのですが、決して悪い意味ではありません。
 
むしろ良い意味。
 
Children of the discordanceは、
バンダナ、デニム、スカーフといったビンテージのリメイク、
 そしてストリートや民族性を背景に持ったイメージ。
 
ドレッシーなジャケットは取り扱い開始以来見たことがなく、
非常に新鮮な印象を与えてくれました。
 
そして、展示会では迷わず試着。
 
"らしくない"のはアイテムのカタチとして、
ディティールは”らしさ”が詰まっています。
  
COTDの21SSのOVERSIZED NO COLLAR JACKET
 
COTDの21SSのOVERSIZED NO COLLAR JACKET
  
裏地に配されているのはビンテージのタペストリー。
 
タペストリーとは、絵画的模様を表した織物の事。
 
Children of the discordanceらしい素材使い。
 
このタペストリーは勿論アソート。
 
他にはない裏地になっています。
 
COTDの21SSのOVERSIZED NO COLLAR JACKET
 
裏地の裾は敢えて仕末せず、カットオフ仕様です。
 
ドレッシーなアイテムにカジュアルなディティールを
入れることで緊張と緩和の様なバランスを取っています。
 
COTDの21SSのOVERSIZED NO COLLAR JACKET
 
特徴的なボタンは、
ノルウェーの伝統的なニットに使われるフックボタンを使用。
 
エスニックな要素を取り入れ、
ブランドのバックボーンを表現しています。
 
COTDの21SSのOVERSIZED NO COLLAR JACKET
  
横から見て頂くとわかりやすいのですが、
前身頃と後身頃で2種類のテキスタイルを使用。
 
COTDの21SSのOVERSIZED NO COLLAR JACKET
  
前身頃はチャコールグレーのウール地。
 
よく見るとヘリンボーンの織り目になており、
うっすらとですがストライプにも見えるテキスタイル。
 
COTDの21SSのOVERSIZED NO COLLAR JACKET
 
後身頃はライトグレーのシンプルなテキスタイル。
 
ジャケットを構築する2種類のテキスタイル、
裏地で使用しているタペストリー、ボタンの民族性、
ブランドが掲げる"discordance=不調和"を見事に表現しています。
 
前述した見た目の"らしくない"は間違い無いと思いますが、
見えない部分で"らしさ"が詰まっている矛盾。
 
この矛盾が大好きだから僕は、
「~らしくない」洋服に惹かれるんだと思います。
 
COTDの21SSのOVERSIZED NO COLLAR JACKET
 
COTDの21SSのOVERSIZED NO COLLAR JACKET
 
是非、店頭、オンラインにてご覧下さい。
 
↓ONLINE SHOP↓
Children of the discordance
 
今夜も有難う御座いました。
 
明日もお待ちしております。
 
佐子田
 
PALETTE art alive 
 
【OSAKA】大阪府大阪市西区南堀江1-19-1
TEL/FAX : 06-6586-9560
 
【NAGOYA】愛知県名古屋市中区栄5-18-5
TEL/FAX : 052-684-7239
 
 
 
  
 
 
 

      

 

ALL BLOG Children of the discordance メンズ

← Older Post Newer Post →