Renewal open !!

ディティールから感じる事

Posted by PALETTEartalive on

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんばんは。
 
 
 
 
 
佐子田です。
 
 
  先日、美容師のお客様が働いているサロンに
ヘッドスパをしにお邪魔させて頂きました。
 
人生初ヘッドスパ。
 
 体に疲労を感じていたのと、
どんなものなのか、期待を膨らませていたのですが
想像以上の施術でした。
 
施術してくれた方曰く、
頭皮が硬いとハゲやすくなるとの事。
 
だから定期的にほぐしてあげないといけないみたいです。
(僕は柔らかかったみたいです。笑)
 
他にも、顔のむくみが取れスッキリします。
 
リラックス効果のある香りと共にスパをしてくれるので
施術中は寝てしまいそうに。。
 
僕は30分という最長コースでお願いし、
終わった後は本当に顔が小さくなりました。笑
 
痩せたのかな?と錯覚するぐらいです。。
 
これはリピート確定。
 
リフレッシュにオススメです!
 
それでは本日の商品紹介へと参りましょう。
 
Children of the discordance 21ssのInside Out JKT
 
Children of the discordance 21ssのInside Out JKT
 
Children of the discordance 21ssのInside Out JKT
 
Children of the discordance
 
2021 Spring/Summer Collection
 
INSIDE OUT JACKET
 
名前の通り、
ジャケットを裏返しにした様なディティールの
デニムジャケット。
 
形はテーラード。
 
テーラードとデニムという組み合わせに
ブランドらしさを感じます。
 
Children of the discordance 21ssのInside Out JKT
 
形はアンコンジャケット。
 
”非構築なジャケット”という意味で
アンコンジャケットと呼ばれています。
 
肩パッド、裏地、芯地といった
ドレスに分類されるテーラードジャケットの部品が無く、
軽やかに着用して頂けるのが特徴です。
 
つまり、カジュアルとして着用頂けるという事です。
 
なので、
テーラードを着たいけどカチッとし過ぎてしまうのが
苦手という方には特にオススメです。
 
Children of the discordance 21ssのInside Out JKT
 
ディティールも豊富で、
シームポケットや部分的なカットオフ、
裾やポケット口の切り替え。
 
アンコンジャケットという
比較的シンプルなものが 多いアイテムですが、
ディティールが詰まっている為
存在感のある1着へと仕上がっています。
 
Children of the discordance 21ssのInside Out JKT
 
個人的に好きなディティールなのですが
三つボタンという点。
 
これは現代のデザインでは珍しく
(二つボタンが多い)、
クラシックなデザインという印象です。
 
僕の中では
モッズスーツにリンクするイメージだったので
ブランドとしては珍しく、
モッズカルチャーを感じました。
 
実際にどうなのかはわかりませんが、
ディティールからブランドが公にしていない事を
妄想するのもファッションの楽しみです。
 
Children of the discordance 21ssのInside Out JKT
 
スタイリングは、
ウエスタン×モッズ×アイビーの
ハイブリッドを意識しています。
 
デニムジャケットのインディゴをネイビーと解釈し、
白パンを合わせました。
 
こちらはアイビールックに見られるスタイリング。
 
デニムと言えばウエスタンというイメージから
シャツとハットはウエスタン調の強いものを
使用しています。
 
モッズについては前述したところから
来ているのですが、
アイビールックとモッズが1960年代のカルチャー
という点でリンクさせてみました。
 
現代だからこそできる
様々なカルチャーを意識しミックスした
スタイリングです。
 
是非参考にしてみてください!
 
(IVY)
 
(MODS)
 
↓ONLINE↓
  
今夜も有難うございました!
 
 
 
明日もお待ちしております!
  
佐子田
 
PALETTE art alive 
 
【OSAKA】大阪府大阪市西区南堀江1-19-1
TEL/FAX : 06-6586-9560
 
【NAGOYA】愛知県名古屋市中区栄5-18-5
TEL/FAX : 052-684-7239
 
 
 
  
 
 

    

  

 

← Older Post Newer Post →