税込11,000円以上のご注文で送料無料

"ROMANCE"

Posted by PALETTEartalive on

 
 
 
 
 
こんばんは。
 
 
 
 
りんごです!
 
 
 
  
今回はお知らせが一件。
 
 
 
 
FETICO
2021 Autumn Winter Collection
が5/26(Sat.)よりスタートします。
 
  
FETICO 21AWのルック画像
 
 
FETICO
 
The Figure : Feminine
意味 : その姿、女性的
 
Designer : Emi Funayama
 
2010年、エスモードジャポン卒業。
コレクションブランド等でデザイナーの経験を積み、
2020年パタンナーの高浜温子と共にFETICOを立ち上げる。
  
 
FETICO 21AWのルック画像
  
 
2021 Autumn Winter Collection
 
今シーズンのテーマは
"ROMANCE"
  
自粛期間中に美しい世界に没入したくて
映画を見ていたデザイナーの舟山さん。
 
その中でも(旅行に行けないこともあり)
Wong Kar Wai(ウォンカーウァイ)監督の映画に揺さぶられたと聞きます。
 
強くインスピレーションとなったのは、
ウォンカーウァイが描いた2人の女性。
  
 
花様年華
  天使の涙の映画の告知画像
 
映画"花様年華"
マギーチャン演じるチャウ夫人と、
映画"天使の涙"でミシェルリーが、演じた殺し屋のエージェントの二人に影響を受けた今シーズン。
 
舞台となる香港という東洋西洋の独特の空気感と、
相反する2人の女性が報われない恋をする姿は、
美しくも退廃的で惹かれました。
と舟山さん。
どちらも女性のエロスを感じる部分が大きく、その官能的な部分に惹かれるものとなっています。
香港という場所で生まれたこの2つの映画は、日本の平和的な映画とは少し違ったカオスな情景も多く、そこからもインスパイアされているのではないかと感じました。 
  
FETICO 21AWのルック画像
 
FETICO 21AWのルック画像
 
FETICO 21AWのルック画像
 
FETICO 21AWのルック画像
 
FETICO 21AWのルック画像
 
FETICO 21AWのルック画像
 
FETICO 21AWのルック画像
  
上質なベロアが放つ光沢、レザーサテンのキッチュ(安っぽい・俗悪なもの)な光沢は、それぞれ官能的ですが、女性たちが自分自身の強さの為に身につけるという美しさを感じ製作に至ったコレクションとなっております。
  
また、コレクションのムードを色濃く反映した牡丹の柄は、
古典的なモチーフを色で遊び心を加え、今季のメイングラフィックとなっています。
 
今シーズンもボディラインはとても美しく立体的に見せるパターンに注力し作成されています。
 
この女性らしいシルエットが、私を、そしてお客様を魅了しているのだなぁと感じていて、早く袖を通したいと心から思っています。
 
 
  
FETICO 21AWのルック画像 
 
FETICO 21AWのルック画像
 
 
 女性の為に作られた女性らしい強さが詰まったお洋服。
 
生地やシルエット、ディテールや柄など
普段見かけないような洋服でも身に纏えばそれは、個性です。
 
独自の世界観があり、着る人を魅了し、
身に纏うことで、服の個性とその人の個性が混じり合いあなただけの新たな個性となると思います。
   
今は、なかなかお洒落をして出かける機会が少なくなったかも知れません。
しかし、普段から自分を着飾りこんな時だからこそ色々な方にファッションを楽しんでいただきたい。
既にFETICOが好きな方、そしてまだFETICOというブランドをご存知でない方にも
是非直接目で見て、手に取っていただきたいです。
  
手に取った瞬間、新たな世界が広がるのではないか、
そんな気がするほど美しく洗練されたデザイン。
 
FETICOのお洋服を着て、
徐々に歳を重ねるごとに綺麗になりたい。
そんな思いで本日はブログを書きました。
 
 
 
発売は、店頭、オンラインショップ共に5/26(土)12時から。
心よりお待ちしております。
 
 ↓ FETICO 21AW はこちらから ↓ 
 
  
 
 
 
 
りんご
 
 
 
 
 
 
 
PALETTE art alive 
 
【OSAKA】大阪府大阪市西区南堀江1-19-1
TEL/FAX : 06-6586-9560
 
【NAGOYA】愛知県名古屋市中区栄5-18-5
TEL/FAX : 052-684-7239
 
 
 
  
 
 

    

  

 

ALL BLOG FETICO ウィメンズ

← Older Post Newer Post →