Renewal open !!

現代の戦闘服

Posted by PALETTEartalive on

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんばんは。
 
 
 
 
 
佐子田です。
 
 
 
 
前回のブログは皆様ご覧頂けましたでしょうか。
  
毎シーズン恒例(今のところ)の
SUGARHILL 新作受注会を
3/20(土)~3/22(月)の3日間
開催致します。
 
オンラインでのご対応も着々と枠が埋まっている為、
お早めにご連絡お願い致します。
 
それでは本日の商品紹介へと参りましょう。
 
Minus21ssのAVIATOR DENIM COAT
 
[ー]Minus 
2021 Spring/Summer Collection
 
AVIATOR'S COAT
 
アヴィエーターコートとは
第一次世界大戦下、当時の飛行機乗りに向けて
作られていたコート。
 
古着屋さんに行くと、
「軍支給品です。」
とミリタリーものに対してよく聞きますが、
1920年代ではコートやジャケットは
軍から支給されず
パイロット自ら仕立て屋に赴いていたそうです。
 
あまり聞き慣れないアヴィエーターコート。
 
これには理由があります。
 
当時は生活様式や環境に合わせて
洋服を1からオーダーし作っていた為、
既製服という概念が無かったから。
 
なので、アヴィエイターコートと
当時の人たちの間で呼ばれていたのか定かではなく、
兵士ではない人が着用する事も無かったからだと考えられます。
 
[ー]Minusは
そのビンテージ、クラシックのデザインや考え方を
現代的に当てはまる様に、
"Missing Classic"="欠落した古典性”
をキーワードとし、昇華させています。
 
Minus21SSのアヴィエイターコート
 
Minus21SSのアヴィエイターコート
 
Minus21SSのアヴィエイターコート
   
アヴィエーションデザインと言われる
飛行機乗りに必要なデザインをそのままに、
生地やディティールを現代的に。
 
当時のものはレザーが主流で、 
肩と袖はエポーレットにセットインスリーブだったそう。
 
想像すると、かなりパワフルな印象です
 
その印象を抑えるために
生地はデニム、ラグランスリーブを採用し
現代的に着用できる様デザインされています。
 
Minus21SSのアヴィエイターコート
 
ここは僕が好きなデザイン。
 
ガンポケット。
 
本来はハンドガンを入れるポケットなのですが、
現在の日本では使用する事がありませんよね。
 
今の日本、世界におけるハンドガンの代わりとなるものは
スマートフォンだという考えの元、
このガンポケはスマホが入る大きさで作られています。
 
この事を初めて聞いたときは思わず試してみました。
 
服好きの皆様ならこういうポイントって
くすぐられますよね。笑
 
Minus21SSのアヴィエイターコート
 
名古屋店でご用意しているカラーはブラック。
 
この色味は弊社限定です。
 
[ー]Minusが提案する、
現代における戦闘服。
 
是非手に取ってみてはいかがでしょうか。
 
※こちらは現在オンラインショップ未掲載の為
お気軽にお問い合わせください。
 
[ー]Minus 
2021 Spring/Summer Collection
 
AVIATOR'S COAT
  
¥60,000+tax
 
color:BLACK
 
今夜も有難うございました。
 
明日は出張の為お休みです。
 
また土曜日からお待ちしております。
 
 
佐子田
 
 
PALETTE art alive 
 
【OSAKA】大阪府大阪市西区南堀江1-19-1
TEL/FAX : 06-6586-9560
 
【NAGOYA】愛知県名古屋市中区栄5-18-5
TEL/FAX : 052-684-7239
 
 
 
  
 
 

    

  

 

ALL BLOG メンズ [ー]Minus

← Older Post Newer Post →