International shipping available

Welcome to PALETTE art alive OSAKA

Posted by PALETTEartalive on

  
  
こんばんは。
  
本日は水曜日ですが、皆様にご報告があり急遽
僕、河村が書くことになりました。
  
この度、名古屋店のみでのお取り扱いだった
SHINYAKOZUKA
が遂に大阪のラインナップでもご覧いただけるようになりました。
ご存知の方も多いと思いますが、
さっとブランド紹介を。 
  
デザイナーの小塚信哉は、2013年にセントラル・セント・マーチンズを卒業。
その後、2015年にシンヤ コヅカをスタートした。
ロンドン在住時、過ごした日々の中で出会った衣服や風景からインスピレーションを受け、クリエーションに反映している。
ブランドコンセプトは、Blur、Vague、Unclear、Hidden。
「曖昧」と「ぼかす」の2つをキーワードに、
ワークウェアやユニフォームが持つ機能性・匿名性をベースとしている。
 
ブランドらしいといえば、ワーク。
ワークウェアから着想を得て、それをファッションに落とし込む。
独特なバランス感が素晴らしく、様々なスタイルに落とし込むことができるブランドだと僕は感じています。
 
そして、今シーズンは更に特異的なシーズンで。
コロナ禍の今だからこそブランドとして挑戦したコレクション。
新ラインやコラボレーションラインなど計6ラインを展開。
シーズン名は、
"COLOUR CHARTS"
以下、ブランドより。
COVID-19の影響により、ファッションがアプローチするべきもの、ファッションが必要とされる要素、何よりファッションであるべきものが2010年代と比べて大きく変化したと感じます。
未だ混沌としている現状から、一つの煮詰めたコンセプトの元、コレクションを作るコース料理よりも今回はより軽く、あらゆる人に楽しんでもらえるように様々な味を提供できるビュッフェのようなコレクションを作りました。
全く違う背景や歴史を持つ様々な企業やブランド、アーティストとコラボレーションしたカプセルコレクションを集めたオムニバス形式のコレクション。
それぞれのブランドが持つ特有の色、’COLOUR CHARTS’から自分の口に合う色と量を選んで楽しんで下さい。
ファッションの基本である、楽しむことをまずは提供したいと思っています。
  
 デザイナー小塚さんは、もっと軽快な気持ちでシンヤコヅカを楽しんでほしいと。
コロナ禍で緊張感漂う中、畏まりすぎるコレクションではなく、もっとファッションを身近に楽しむことができるようで、展示会中もこれはどういうラインで、どことのコラボレーションでと。あの僕が感じた楽しかった空気感を皆さんとも共有したいです。
  
さて、届いているアイテムたちをざっと見ていきましょう。
SHINYAKOZUKAの21SSのAS70SWASのスタイリング画像
SHINYAKOZUKAの21SSのAS70SWASのスタイリング画像
SHINYAKOZUKAの21SSのAS1stWASのスタイリング画像
SHINYAKOZUKAの21SSのAS1stWASのスタイリング画像
"あのままで"を意味するラインAS IT WAS
 
あのデニムをリサーチせずに、不確かなまま作成。
SHINYAKOZUKAらしいラインからは、70年代のフレアデニム、そして本日1stタイプのデニムジャケット(こちらはオンライン未掲載です。)が入荷。
  
曖昧に作られているので、本来のものとは違ったデザイン、そしてシルエットも別物に。
SHINYAKOZUKAの21SSのDUSTERのスタイリング画像
SHINYAKOZUKAの21SSのDUSTERのスタイリング画像
SHINYAKOZUKAの21SSのHISSHITRSのスタイリング画像
SHINYAKOZUKAの21SSのHISSHIRTSのスタイリング画像
SHINYAKOZUKAの21SSのTAPERED BAGGYのスタイリング画像
透け感のあるコートは以前ブログで佐子田が紹介してくれたもの。
 
シャツは、大きめに作られたもの。
これもまた良いアイテムで、奥が深いので、
また詳細は後日。
ちなみにアイテム名は、HIS SHIRT。
いろんな想像をしておいてください。
  
そして、パンツは、ブランドのシグネチャーアイテムであるバギーがテーパードしたもの。
 こちらは新型で、誰も見たことのないもの。
大阪に初登場には相応しいアイテムだと思い展開しています。
 
↓ONLINE SHOP↓
     
今シーズン6ブランド目となる新ブランド。
   
ただ増えたのではなく、このような状況だからこそ増やしたのには、
SHINYAKOZUKAと同じく僕たちにも理由があって。
 
お店に来る意味や、わざわざページを開く意味、服を買う意味、
そこを突き止めたとき、
もっともっと素晴らしいラインナップを提供することが我々のある意味ではないかと感じています。
  
パレットという場所で、様々な個性が混じり合い、新たな個性が生まれる。
それは生きる芸術だと僕たちは感じています。
そのためには、取捨選択はしながらも素晴らしいラインナップを提供し続けることこそが我々の責務ではないのでしょうか。
   
さて、少し話は逸れましたが、何はともあれ、
ビュッフェのように好きなものを楽しみながら選びましょうよ。
 
河村伊将
 
PALETTE art alive 
 
【OSAKA】大阪府大阪市西区南堀江1-19-1
TEL/FAX : 06-6586-9560
 
【NAGOYA】愛知県名古屋市中区栄5-18-5
TEL/FAX : 052-684-7239
 
 
 
  
 
 

    

  

 

ALL BLOG SHINYAKOZUKA メンズ

← Older Post Newer Post →